読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKIRAISM - アホが見る豚のケツBLOG

おっちゃん目線から見た世の中全般の気になることや大阪中心の関西のおもしろそうなことを独断と偏見で書いています。まあ何でもありですが。


"アホが見る豚のケツ"とは「あっ!」と意味もないところを指さして、反応してそちらを見た人に対して言う。子供レベルのからかい言葉。基本的にコレを言える人とは仲が良い。関西弁。2017年現在死語となってしまっているかは不明。

日本橋でんでんタウン~黒門市場

お出かけ

昨日です。

f:id:akiraism1018:20170308195030j:plain

日本橋でんでんタウンに行きました。

古き雰囲気が残っているところもあるけど。

f:id:akiraism1018:20170308195245j:plain

もう、ほとんどがオッチャンには理解できない街と化しています。

 

そして黒門市場を久しぶりに通ってみました。

f:id:akiraism1018:20170308200314j:plain

おひおひ、ここは屋台村かって。

市場じゃないよ。

ニュースでやってたとおりでインバウンドの皆さんばっかりです。

欧米系は皆無。

アジア系ばかり。

 

串焼きなんかの値段を見ると。

「高!」

えらい高いものを食べさせられてるんやなって感じました。

ここではまだまだ爆食い大繁盛です。

今ぜひ行きたい国と今絶対に行きたくない国

思うこと

日本テレビ系の人気番組です。

世界の果てまでイッテQ!

よく見ます。

とくにイモトアヤコさんの珍獣ハンターがいちばん面白いです。

たまたま立ち読みしたこの本が面白そうっだたので。

アマゾンで中古本を買って一気読みイッキ読みしました。

おもしろかったです。

で、ひとことでポイントを言うと、「やっぱり日本がいちばんいいな」ってこと。

どうしても日本人としての価値観で世界を見てしまいますからね。

でも世界に出てみて様々な価値観の違いと向かい合うのは貴重なことだと思います。

 

かくいう小生も何度か日本を脱出しました。

会社持ちで2回

自費で7回、、、だと思います。

そして完全一人旅は2回。

イギリスのロンドンとオーストラリアのパース。

 

イモトアヤコさんには到底及びませんが私もいろいろ体験しました。

初めての海外はアメリカ。

そして食べ物をのぞいて初めて海外で買った品物は、、、

便器のつまりを直すやつ。

スッポンスッポンとやるやつ。

これです。

 

f:id:akiraism1018:20170307165142j:plain

ラバーカップって言うんですね。

アメリカでの初めての夜にトイレ詰まり発生、あわててスーパーマーケットに走りました。

こんなんアメリカにあるんかいなと思い探して見つけたときはメッチャうれしかったです。

レジのブロンド美人さん?がニコッと笑いながら、

「You have trouble.(あら、トラブルね)」

と明るく言ってくれました。

 

楽しかったのはロンドンの夜のウォーキングツアー。

「お化けの出るパブめぐり」とやらに参加。

ここは出ると言われるパブをはしごします。

まあ案内人の話を聞きながら、参加メンバーとビールを飲むだけですが、とあるパブの地下のトイレにひとりで行ったときは不気味な雰囲気でビビりながら用を足しました。

まさに「オシッコちびった」です。

 

で、今一番行きたい国は台湾。

今絶対に行きたくない国は中国です。

やっぱり西部劇が好き「マグニフィセント・セブン」を見ました

映画

www.magnificent7.jp

西部劇大好きです。

昔々はマカロニ・ウェスタンって「ジャンル」がありました。

クリント・イーストウッドジュリアーノ・ジェンマの西部劇が懐かしいです。

で、ひさしぶりに見ました。

マグニフィセント・セブン」です。

マグニフィセント(MAGNIFICENT)って初耳です。

すごいとかすばらしいとかの褒め言葉のようですね。

この作品は黒澤明監督の「七人の侍」と同作をリメイクした「荒野の七人」を原案にした西部劇とのこと。

エンディングに流れるテーマはまさにそのオマージュですね。

西部劇では定番の(?)ガトリングガンも登場。

ガンアクションシーンを堪能しました。

しかし、クリス・プラットって今超売れっ子ですね。

私は「七人の侍」も「荒野の七人」も見たことがないのですが機会があれば見てみたいと思います。